2016年度 収支報告

   



上記医療費のうち、パルボ発生時に仔猫全員に打ったインターフェロン代
300.000円が含まれております。



たくさんの皆様の応援・ご協力のおかげで、あにまる365の活動が成り立っております
感謝しております。今後とも応援よろしくお願いいたします。


 ★医療費返還費についてご質問をいただきましたので補足いたします★

あにまるメンバーが個人で保護した子達に関しては医療費はこちらに計上しておりません。
個人保護の子達が譲渡された場合、返還された医療費は保護したメンバーに返還されます。
当会が資金不足の際は、あにまる365メンバーが医療費を立て替えている場合があります。
その場合も医療費として計上されていません。その子達が譲渡された時も、医療費は
立て替えた預かりメンバーに返還されております。
仔猫が譲渡された場合、医療費があまりかかってないことが多く、医療費返還費も少額と
なります。
一番の問題は、保健所や多頭崩壊現場からのレスキューの子達が譲渡に至っていない事だと
思います。病気の子や負傷している子も多く譲渡に繋がっておりません。
成猫・成犬よりも、仔猫・子犬を希望される方が多く、あにまる365で抱えている頭数が
増えてきております。
今後は成猫・成犬達のアピールに力を入れ、成猫・成犬に興味を持ってくれる方々が増える
ように、頑張っていきたいと思っております。

inserted by FC2 system inserted by FC2 system